ブツヨクちゃん

好き、欲しいが止まらない。私の頭の中。

モバイルバッテリー の〇〇mAhって何回充電できるの?

スマートフォンを持っていると直面するのが充電切れ問題だ。

そこで、その問題を解決してくれるのがモバイルバッテリーなのだが、

ぶっちゃけ、様々な製品が出回っている中、どれを買っていいのか分からないだろう。

 

今回は、モバイルバッテリーを選ぶ基準の一つになる、

「何回充電できるのか」について記事を書こうと思う。

 

 

スポンサードリンク

 

【目次】

 

「○○mAh」って何?

 

f:id:mywantmylike:20180512223256j:plain

よく家電量販店などで見かける「大容量!○○mAh」の「mAh」とはそもそも何なのか。

mAhとは、どれだけの電流を1時間流すことができるか、を示す単位である。ミリアンペアアワーと読む。例えば、1000mAhと表記されたものは、1000mAの電流を1時間放電することができることを意味する。

つまり、mAhの値が大きければ大きいほど充電できる回数も増えるということだ。

 

充電回数の目安

モバイルバッテリーを選ぶうえで最も大切なのが、自分が使用するスマートフォンのバッテリー容量だ。スマートフォンのバッテリー容量が大きいのであれば、モバイルバッテリーも容量が大きいものでなくては充電は一向に増えない。

 

f:id:mywantmylike:20180512210258j:plain

引用:https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=10945

 

どんな製品がいいのか?

モバイルバッテリーを選ぶうえでのポイントはずばり、容量・重量・充電速度(出力)だ。

ここでは充電回数(バッテリー容量)別にいくつかの製品を紹介したいと思う。

※私はAnker信者なのでAnker製品が多くなるのはご容赦ください。

 

スマートフォン1~2回充電

 モバイルバッテリーでよく「コンパクト」「小型」などと書かれている製品は大体がスマートフォンを1~2回弱程度充電ものだ。

そこまでゲームや動画を見たりしない人向けだ。

 

 

 

 どちらも2.0A以上の充電ポートを採用しているため、充電速度も速い。

Anker PowerCore 5000はとにかく小さくて、ズボンのポケットに入れておける大きさ。

cheero Slimはスマートフォンとほぼ同じ大きさ、同じ厚さなのでスマートフォンと重ねて使用しても違和感なく使用できる厚さだ。

 

スマートフォン3~5回充電

日常的にゲームや動画の視聴にスマートフォンを使用し、毎日1日に1回以上必ず充電が切れてしまう人におすすめだ。また、ここに分類分けされる大体のモバイルバッテリーがUSBが2ポートあり、2つのデバイスを同時に充電することができるので複数のデバイスを使用している人におすすめだ。個人的には一番扱いやすく、様々なシーンで適応する容量だと思う。

 

 

 

 

 

スマートフォン5~7回

スマートフォン以外にタブレットを使用する人や、長時間の移動が日常的にあり、その際にスマートフォンやタブレットを使用する人や、出張や旅行をよくする人などにおすすめなのが超大容量バッテリーと呼ばれる5回~7回充電できるバッテリーだ。

 

 

 

 

 

私も使用しているPowerCore 20100。大容量なのに20000mAh以上のモバイルバッテリーの中でも比較的小さいので普段から持ち歩く際に荷物がかさばることがない。

 

20000mAh以上のモバイルバッテリーは容量が大きいのでたくさん充電できるが、モバイルバッテリー自体を充電する際に8〜10時間ほどかかる場合あり。

 

 まとめ

使用目的やスマートフォンの使用頻度によって選ぶべきモバイルバッテリーは違ってくる。

たくさん使用する人は思い切って超大容量バッテリーを買ってみるのもありかもしれない。

 

 

 

 

スポンサードリンク

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村