ブツヨクちゃん

好き、欲しいが止まらない。私の頭の中。

【レビュー】小さくてもパワフル。Anker SoundCore2

スマートフォンの音質に満足できていない私。

だからと言って大掛かりなサウンドシステムを構築するだけの知識やお金もない。

欲を言えばお風呂や外出先でも高音質で音楽を楽しみたい。

 

そんな私は今回Ankerのワイヤレススピーカーを購入した。

今回は使用してみた感想を紹介する。

 

f:id:mywantmylike:20170905154423p:plain

 

【目次】

 

Anker SoundCore2の概要

前モデルがAmazonのベストセラーに選ばれたり、他のモデルのワイヤレススピーカーも高評価レビュー(星4以上)だったりと人気なAnker社製のスピーカー。

前モデルのSoundCoreよりも低音が重視され、パワフルになったSoundCore2。

 

SoundCore2の主な仕様

(カッコ内は前モデルの情報)

  • カラーバリエーション:黒のみ(SoundCoreは黒赤青の3色)
  • サイズ:約168×47×56mm(165×45×54)
  • 重さ:約414g(約358g)
  • 連続再生時間:約24時間(約24時間)
  • Bluetooth:4.2規格(4.0)
  • 防水規格:IPX5 / 色々な方向からの水の直接噴流を受けても影響を受けない(防水機能なし)
  • 充電時間:約2.5時間(約5時間)
  • 同梱物:Micro USBケーブル、取扱説明書、保証書、カスタマーサポート

前モデルと比べて大きく変わったところは防水になったところと充電時間が半分以下になったことだ。

 

また、Bluetooth4.2を採用しているため、最大で20m離れたとことからでも接続可能に。

 

開封の儀

 届いてびっくり。とても小さい箱。

パッケージはいたってシンプルで、必要最低限の大きさ。

f:id:mywantmylike:20170905145808j:image

 

開封すると一番上にはAnker製品お馴染みの「☀︎Happy?」の書かれたカードが。

f:id:mywantmylike:20170905145908j:image

 

内容物はこちら

f:id:mywantmylike:20170905150019j:image

本体を取り出して分かるように必要最低限の箱のサイズで過剰梱包されている感じはない。

 

横には持ち手が付いていて、そこを引っ張ると充電用のmicro USBの差し込み口と有線でも使えるAUXポートがある。

f:id:mywantmylike:20170905150356j:image

 

使い方

取扱説明書は日本語にも対応していて英語がわからない人でも安心。

操作方法も簡単だ。

 

ペアリング方法

電源ボタン(一番左のボタン)を押すと電源が入る。

一番右のボタン(ペアリングボタン)を2秒間押す。

接続する機器側のBluetooth画面からSoundCore 2を選択

接続完了するとペアリングボタンの隣の青いライトが点滅から点灯に変わる

 

AUXで接続

本体と接続する機器をAUXケーブルに差し込むだけ

Bluetoothモードに戻るにはSoundCore 2からケーブルを外す

 

操作方法

音楽再生時・通常時

▷ボタン1回:再生/停止

▷ボタンダブルクリック:次の曲

−/+ボタン:音量アップ/ダウン

▷ボタン1秒長押し:音声認識ソフト(Siriなど)を起動

 

着信時

▷ボタン1回:電話に出る/終了

▷ボタン1秒長押し:着信拒否

 

通話時

▷ボタン1回:通話を保留し、新規着信に出る

▷ボタン1回:保留中の回線と通話中の回線を切り替える

▷ボタン1秒長押し:通話をスピーカーとスマートフォン間で切り替え

 

充電について 

充電は2時間程度でフル充電になった。

充電中は赤く点灯

f:id:mywantmylike:20170905153158j:image

 

充電完了で白く点灯

f:id:mywantmylike:20170905153210j:image

 

サイズ感

サイズ感は思っていたよりも小さく、ずっしりと中身が詰まったような感じだ。

女性が持ってもさほど大きい感じはなく、これなら持ち運びも簡単にできそう。

(私の手は平均よりも小さい方でそんな私でも普通に持てる)

f:id:mywantmylike:20170905152015j:image

 

使ってみた感想

デザインもシンプルでかっこいい印象でインテリアとしてどこにおいてもその場に馴染むようなデザインだと思った。

 

コーティングがゴムっぽい素材で水に濡れた手で持っても滑りにくい。

 

音質

クリアではっきりとした音。

室内で音量10で使用したが、低音も割れることなくしっかり出ていた。だが、やはり音量をかなり大きくする(音量マックスで使用する)と少し低音が不安定なように感じる。

 

それでもスマートフォンのスピーカーとは比べ物にならない音質となった。

さらに、スマートフォンよりも大音量で音楽が楽しめるため野外での使用にはもってこいの商品だと言える。

 

耐水性

お風呂でも試したがシャワーが結構ジャバジャバかかってしまっていたが全く問題なし。

ただし、湿気対策や湯船に浸けられるほどの耐水性はないので注意が必要。

 

アウトドアなどでの使用には問題がなさそう。

汚れてしまって止むを得ない場合は多少の水洗いも大丈夫そうだ。(ただし水に浸けてはいけない)

 

Bluetoothの接続

本体が自室、スピーカーが3部屋となりで壁やドアを挟んでいても接続できた。

 

まとめ

大変満足できる商品だった。

似たようなスペックでBeatsからもワイヤレススピーカーもあるが、使用して比べた感じ(友人のものを借りた)も引けを取らない音質であった。

それなら2万円以上するBeats製品を購入せずともAnkerのSoundCore2(約5千円)でいいではないかと思ってしまった(笑)

 

(もちろんBeatsの音質は最高です)

 

そんな、コスパ最高なSoundCore2の紹介であった。

 

 

SoundCore2についてはこちら

 

SoundCoreについてはこちら

 

⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎

にほんブログ村のランキングに参加中!

よろしければポチッとこちらのバナーのクリックお願いします↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村