ブツヨクちゃん

好き、欲しいが止まらない。私の頭の中。

ゆとり世代になりたくてなったわけじゃない。

私は一応ゆとり世代だ。

 

f:id:mywantmylike:20170826231941j:image

 

厳密に言えば小学4年生の時から移行措置過程で授業が進んだため小学4年以降の内容は脱ゆとりの教育を受けてきたのだが、それでも私はゆとり世代と呼ばれるのだ。

 

土曜日授業は義務教育課程では無かったが、ほぼ毎日が6時間授業。

(ちゃんと円周率も3.14と教えられました!!)

 

小学4年生から詰め込み授業を受けて育ったのにゆとり世代と呼ばれる。

 

 

なんか気にくわない。

 

 

確かに小学1〜3年はゆとり世代の教育過程の中で勉強をしたが、義務教育課程の9年のうち6年、半分以上は脱ゆとりの教育を受けてきているのだ。

 

私は同じく移行措置過程で教育を受けた世代を移行措置世代と呼びたい。

 

むしろ移行措置世代の新学習指導要領に切り替わってもう一度同じ内容を学びなおしたりしている苦労を認めて欲しい。

私の場合、中学2年から脱ゆとり教育になり、中学1年で学んだ内容をまた2年時にやる羽目になったことがあった。

それは、教科書が新しくなり勉強する量だけでなく内容が変更されたためだ。

そんなことがあったため私の中学1年時は無駄になったように感じられた。

 

第一、ゆとり世代の者からすればゆとり世代に生まれたくて生まれたわけでもないはず。

そう育てたのも、そう決めたのも今「ゆとりだから〜なんだろ」とか言っている上司の世代じゃないか。

 

f:id:mywantmylike:20170826232414j:image

 

全てを人のせいにはしたくないが、ゆとり世代を作ったのはゆとり世代自身ではなくその親やさらにその親の世代ではないか。

 

「ゆとりだから〜なんだろ」とか「ゆとりだからダメなのねぇ」とか言う前にゆとり世代を作り出した責任というものを感じて欲しいのだ。

 

 

ブログ主のTwitterのアカウントはこちら→@windy_window

 

⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎⚪︎⚫︎

にほんブログ村のランキングに参加中!

よろしければポチッとこちらのバナーのクリックお願いします↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

ポチッとお願いします→ にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村